PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

青い目の美女

先日、我が家の裏のそこそこ緑地で、父が芽を連れて歩いていた時のこと。



若い父親に連れられた子供が、芽に興味を示して近づいてきた。
「さわってもいい?」と父に断りを入れ、芽の横にしゃがみ込み、ゆっくり手を差し出し、顔からではなく首や背中から撫で始めた。まるでお手本のような犬の触り方に感心し、ボクんちにも犬がいるのかねと尋ねると、一度も飼ったことはないという。



そしてふと子供が芽の目を見て「ママの目と同じ色だ」という言葉に、それは一体どういうことだと父が問うと、
「私の妻も、目の色が青いんですよ」
と、その子の父親が若干自慢げに父に声を掛けてきた。
「ほう、奥さんは外人さんかね」
興味あり気に答えるとその父親は振り返り、「ローザ!」と妻を呼んだ。



すると長身の金髪女性が駆け寄ってきて、芽を見るなり嬉しそうにこれまた慣れた手つきで撫で始めた。
ブルガリアからやってきたというその女性はかなりの犬好きのようで、熱心に芽の身体を見て、父に色々と話しかけてきた。

「毛並みがいいデスネ」
「うん、まあそれだけが自慢だ」(シャンプーもろくにしてないんだが)

「肉付きもいいデスネ」
「毎日しっかり散歩してるからよ」(オトコだと思ってんじゃねえだろな)

「歯がとてもキレイ!」
「お、おう、そうかい」(そんなに磨いてないんだが)

「お口も臭わないデスヨ」
「あんがとあんがと」(拾い食いしてなくてよかったわい)

と、まるで病院の先生に健康診断を受けているかのような会話をひとしきりした後、犬を飼ったことないのにあんた詳しいなと聞くと、



ロ「実はワタシ、動物のドクターなのデスヨ、ウフフ」

「ウフフじゃねえだろそれを早く言えってーの!」



注)画像はイメージです。

現在は名古屋の大学で研究生として勉強中というローザさん。
「いつかブルガリアに芽ちゃんと旅行に来てネ。お腹壊してもワタシが診てあげるから心配はノンよ♪」
と言われ、上機嫌で家路に着いた父の辞書に、社交辞令という文字はないようだ。

「しっかしローザはすげー美人だったぞあれこそまさに絶世の美女ってヤツだよいや~キレイだったホントにブルガリア最高!オマエもヨーグルト食ったらって無理か~無理に決まってるわなあはははは」





ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   アンタの遺伝子受け継いでるんだから       
   
ブログランキングへ"  どうしようもないわなあはははは  
      
スポンサーサイト

| 父&芽日記 | 22:21 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

出た~~!
お父上ったら、馬の次は青い目のローザさん!??
しかも獣医さんだったなんて!
素敵な出会いが多すぎです(笑)

すっかりブルガリアな気分になっちまったようで、、
明日の朝食はもちろん、ヨーグルトですね♪

| サラ☆ロン | 2009/11/24 23:17 | URL |

お父様、地図見てブルガリアの位置を確認してません?(笑)

ブルガリアヨーグルトで博学美人になれるなら
お腹いっぱい食べるのに~
って、ウチの遺伝子じゃ無理な話だ(^^;

| A | 2009/11/25 16:50 | URL | ≫ EDIT

お父さんまたまた素敵な出会いがあったんですね!
お父さんと一緒にいたら、めっちゃ楽しいんだろうな~♪
ローザさん!獣医さんだったんですね!
美女で獣医・・・なってみたいですね!
ヨーグルト食べて・・・やっぱり無理ですよねっっ
WOOHLAにも、そんな素敵遺伝子は組み込まれてないようです(涙)

| WOOHLA | 2009/11/25 17:30 | URL |

松風さま、こんにちは。

あのーーー、

拝読してて、アハハ!アハハ!と笑い続けるあまり、
「ナニひとりで笑ってんの、気持ち悪い」と、奥さんから
冷ややかな突っ込みを、今、食らいました(嘆)。。。
(すかさず、「あなたも、コレを読みなさい。」と、こちらの
ブログのアドレスを奥さんにメールしてやりました。)


いやぁ、「そこそこ緑地」。
よ~~~く、存じております。
毎週、毎週、だいたい日曜の朝早く、僕、ここに一人で
出没して(散歩して)います。
気持ちいいトコですよね、ここはホントに。

あのー、突っ込みをひとつ。(いや、奥さんに突っ込まれた
腹いせというわけでもありませんが。)
実際には、このローザさん、「ウフフ」って言ってないでしょ?(笑)
なんか、そんな気がしました(笑)。

「注)画像はイメージです。」の写真も笑えたぁ。

芽ちゃん、男の子を食べちゃダメだよ(笑)。
(あ、ゴメンなさい。)

| こうじ | 2009/11/25 21:30 | URL | ≫ EDIT

・・・・琴欧洲

いえ、ふと頭をよぎっただけです。

いずこの国のお方でありましょうとも、
わんこを愛してくださる心は同じでありましょう。
小さなこどもさんに、きちんとわんことの接し方を
教えてらっしゃる親御さんを見ると
すんばらしいっ!と思います。
道に飛び出さない、ありがとうとゴメンナサイを言える、
オットに回し蹴りをくらわさない・・・(アレ?)
などと同等に常識として世間に広まればいいなと思います。

芽さん、ちっさいこどもさんとも仲良しできるのねー♪

| SHIMACO | 2009/11/25 22:10 | URL | ≫ EDIT

ローザはすげー美人だったぞって。
父上すでに呼び捨てですか。
しかもブルガリア最高って。
ヨーグルトとローザしか知らないくせに。
ブルガリアの位置さえ怪しいくせに。
・・・まああたしもブルガリアがどこかなんて知らないけど。

子供って犬を見ると、ガーーーーって来るじゃないですか。
あれが意外と犬的には怖かったりするんですよね。
その点、ローザ坊やはさすがですね。
シマコ兄さんも書いてらっしゃるように、
ちゃんとしつけができておられる親御さんは素敵です。
あたしだってちゃんとあのオカンから
道に飛び出さない、ありがとうとゴメンナサイはきちんと言いなさいって
きつく教えられましたから。
でもなー、オットに回し蹴りしちゃだめだとは教えられてないなー。
てか父親も風呂の蓋持ったオカンに追い掛け回されてたしなー。

| やんぴぃ | 2009/11/25 23:36 | URL | ≫ EDIT

またまた素敵な出会いがお父様に起こったんですね。
どうやらお父様は新妻好みの様でv-10
いや違った。
新妻に好まれるお父様ですねv-238

小さい子って無茶撫でするけど
ローザお母さんの教育で
こうした立派な子供も育つんですね。
どこかのクソガキ(失礼)に見習ってほしいものです。

| バジルママ | 2009/11/26 01:08 | URL |

いつもコメントありがとうございます♪

>サラ☆ロンさま

私が芽と散歩してても、なんの出会いもイベントもないのに
父が歩くとおもしろいことがついて回るってどういうこと?
ああ、その場に私もいたかったと、何度嘆いたことか。

私、ヨーグルト大好きなんですよ。
たぶん高校生くらいの時からずっと毎朝食べ続けてます。
お昼も食べることあります。
夜のデザートで食べることもあります。
そろそろブルガリア人になってもいい頃かもしれません。
てか乳製品食べすぎですね(汗




>Aさま

ローザさんに再び出会うべく、そこそこ緑地に毎日散歩に行ってますよ。
「ドッグカヘでお茶でも」なんて誘うつもりなんでしょうか。
65歳の敬老の分際で、何を考えているんだか(苦笑

毎日のようにお世話になってるブルガリアヨーグルト、
なぜでしょう、なかなか鼻が高くなりません。
母に似ればまだなんとかなったものを、
父に似てしまった娘の苦悩は計り知れませんヨヨヨ(涙




>WOOHLAさま

ネタに困ったら父に助けを求めてます。
で、「そういえば…」と、数週間前の出来事を話してくれたりします。
父にとってはそれほどでもなくても、かなりおもろい話だったりするので
「もっと詳しく!」と聞いても、忘れてることが多いんですよ。
できればリアルタイムで話していただきたいのだけれど。

美しい人って、やっぱりいい遺伝子持ってるんでしょうか。
こればっかりは努力したところで組み換えられませんからね。
ま、それなりの遺伝子でそこそこ生きていきますよ。
なんか気分がどんよりしてきました…ハァ。




>こうじさま

とりあえず奥さまへ。
スミマセン、こうじさんが壊れたのかと心配になられたことと思います。
でも、こんなブログを楽しんで読んでくださってるこうじさん、
とてもいい方です。
どうか今夜は一本付けてあげてくださいね♪

あらためましてこうじさま、おこんばんわん☆

こうじさんがお近くにお住まいと知ってから、
そこそこ緑地への散歩はスッピンで行けなくなりました。
カメラを下げたチョイワル男(違?)からいつ声がかかるかと
内股歩きで静々と散歩してるんですけど
こうじさんの出没は日曜の朝早くでしたか…
うちの家族、全員まだ夢の中なのでそりゃあ会えません。
明日からスッピンで行こっと(笑

ローザさんウフフ疑惑の件について、
父から聞いたことを原文ママに掲載しましたので
突っ込みは父にお願いしたいところですが、
載せた私もウフフは違うんでねえかと思えてきました。
でも外国の方の笑い方ってどう表現するんでしょ。
やっぱりHAHAHA!でしょうか。
でもローザさんそんなイメージじゃないんだけれど。
再び会うことができたら、ちゃんと笑い方を確かめろと
父に伝えておきます。

うちの芽、なんでも食べちゃいそうですけど
意外と食、細いんですよ。
草も食べないし(笑




>SHIMACOさま

琴欧洲が思い浮かんだこと、光栄でございます。
これで相撲話が思う存分できます!
ちょっとなによ日馬富士ひざが悪いからって変化したらあかんでしょいつも「お客さんに喜んでもらえる相撲を取りたい」って言ってるのに話が違うじゃないどうせやるなら白h…
え?うるさい?ちっ。

こんな子供、初めて見たと父は感心してました。
最低限のしつけすらなかなかできない親が多くいる中、
ワンコの接し方までをもきちんと教えているローザさん、
顔だけでなく、心もお美しい方なんでしょうな。
私も厳しい母に育てられたおかげで、
道に飛び出して車に轢かれたことはまだありません。
ただ、夫に回し蹴りをくらわすべからずという常識は
元ヤンに限っては通用しないと思いますが如何でしょう。

芽は子供好きなんですよ。
特に3歳児には目がありません。
この写真のお子も3歳です。指、4本出してますけど。
気に入ったお子なら背中にも乗せます。
私は乗せてくれないのに。決して。




>やんぴぃさま

運命の出会い以来、連日足しげく通っています。緑地に。
今日も会えなんだ~と、ため息ついてヨーグルト頬張ってます。
人妻ローザに夢中のオッサン65歳、かわいくないですか?(笑

ローザ坊や、ワンコにとっては満点の接し方だったようで
芽も終始大人しく触られていたみたいです。
てか普通来ますよね、ガーーーって。
こっちもそれなりに構えますけど。
芽の場合、顔が怖いので近づいてきた途端、
「怖い~!」」って親のほうに逃げ帰ることが多いんですよ。
「うちの子になにかしたの!?」的な勢いで睨まれることもあります。
いや、アンタの今の顔のほうが怖いからと、心で毒づいてますけど。

ありがとうとごめんなさいが言えるヤンキーって、ステキ♪
悪ぶってても、つい出ちゃうんですよね。
そういうところに、キュンって、きます。

しつけといっても、メリハリ必要ですよ。
あれだめこれだめでは、息がつまります。
回し蹴りくらい、いんじゃないですか。
急所は外せと、おかんさまからしつけられた姐さんなら。

…すみません、テンションさがってておもしろいこと書けません。
一敗って!全勝対決信じてたのにそそそそんなぁぁぁ!!




>バジルママさま

馬の次は青い目の美女ですよ。
次は何に出会うんでしょう、野獣でしょうか、楽しみです。
でもこれだけははっきり言えます。
父は女好きです!きっぱり!

こんなお子、滅多にいませんよね。
てか、会ったことありませんよ~。
ローザ母、もっとよその子にもしつけてくれないでしょうか。
バジルママさん、最近ヤなことがあったのかしら?
クソガキだなんて、らしくないので…(笑

| 松風 | 2009/11/26 20:02 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。