2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不法侵入者

家猫となったベンベンはたまに、飼い主の目を盗んで2階でくつろいでいることがある。
出先から戻ってくると、ちゃんと閉めたはずの扉が開いていて
「しまった!あんのヤローめ!(←父のこと)」と、どどどどっと階段を駆け上がると


べ『置物でやんす』
いやわかるから。



べ『飼い主のおばさん、2階へ上がるなー上がるなーってうるさいでやんすよ』


べ『ここのほうが日が当たって気持ちいいし、誰もいないし』


べ『だれも…いな……?』


チ『そこの茶色いシマシマの貴方』
べ『ひっ』


チ『この聖域に入ることは、飼い主しか許されていません』
べ『…あの…その』


チ『即刻出ておゆきなさいそして二度とここへ来てはなりませぬ』
べ『いいい今すぐ…』


べ『こわいでやんすでも興味あるでやんす熟女のニホヒがするでやんす』

どうする? ベンカル!?



飼い主のみ許されるといっても、岩戸を開けるたびイヤな顔されます。
衣替えも簡単にはさせてもらえません。そろそろ長袖着たいんですけど。

≫ Read More

スポンサーサイト

| ベンベン日記 | 23:46 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。