2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

調子を狂わす犬



「アイツ、最近顔出さないよなァ」
「ホント、調子狂うよなァ」

なんだか所帯を持って以来、すっかり付き合いが悪くなった同僚を嘆くリーマンの会話のようですがそうではありません。

と、本題に入る前に飼い主の経過報告を。
突然右半身に発疹が出現し、帯状疱疹と診断されて10日余り。
やっと水疱たちもはじけて治まり、痛みも少なくなってきました。



家事も手抜きで安静にしてなさいという先生の言葉にラッキー♪ と喜びつつも、熱があるわけでも耐え切れない痛みが走るわけでもなく、そう安静にもしていられな帯状疱疹を甘くみんじゃねぇーっっ!!!
と、先生やら経験者でもある知り合いやらに怒られ、しぶしぶ家でゴロゴロしていたのですが、どうも右腕が順調に快復せず、いまだに薬ベタ塗りしてガーゼで覆ってるんですが、出会う友人ら一様に

「あ、それってもしかして打ちすぎ?笑える~」
「かからないからってそこまでやるかねェ」



・・・パチ屋の通いすぎで腱鞘炎になったと誤解されるのが残念でなりません。 断じて違います。

で、昨日も朝からソファでグダグダしていたら、表をゴミ収集車が通りまして。
芽は収集車のお兄さんたちと知り合いで、いつも「ワウワウ!」と互いに挨拶する声が聞こえるのですが、最近はあまりの暑さにハウスの裏に回りこみ、収集車が来ても姿すら現さないようで。
そこで冒頭の言葉が、お兄さんから発せられたわけです。



「アイツ、最近顔出さないよなァ」
「ホント、調子狂うよなァ」



どうやら、芽が最近この塀の穴から顔を出さないということらしいです。
それで調子が狂っちゃってるようです。

犬好きなヒトであれば、通いなれた道にワンコを飼っている家があるとつい、今日はどうしてるかな? などと目を向けたり、近くに寄って来てくれれば頭をなでたりするとは思うのですが、調子が狂っちゃうことってあるんでしょうか。まさか験を担いでいるのでしょうか。一体何に?



「あ、見てこの犬顔出してるー」「マジうけるんだけど!」と女子高生に爆笑されたり、「ここ、ここ!ここから顔出すんだって!」「見たい見たいワンちゃん顔出してー」と小学生らにリクエストされたり、歩いていて突然ヌッと出た顔に「ヒィィ!」と思わず声をあげられたりと、一部ご迷惑をおかけしている節もありながらも、芽の塀から顔出しはけっこうインパクトがあり楽しまれているようですが、これで調子が狂う方が現れるとなると、責任重大です。


芽『だったらこの暑さ、なんとかせえや!!』

なんとかできたらとっくにやっとるがな。




グダグダすぎてランキングに参加する資格ないので、そろそろやめようと思います。
ぽちっとしてくださった皆さま、今までありがとうございました。
スポンサーサイト

| 芽日記 | 22:47 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

地味な楽しみ

どうにも暑い名古屋です。
ガリガリ君の消費率がハンパありません。
梨とか巨峰とかより断然リッチチョコ味です。



コチラ、どうにもむさ苦しい犬です。
特に顎のあたりがモッファー極まりありません。



そしてただいま猛烈に換毛中。
このモフ毛が抜けまくる時期は、飼い主的に密かな楽しみがありまして。
なんとかネーターとかいうヤツで一気に抜け毛を取っちまうのもある意味快感なんですがね。
そして文字どおり山のように収穫した抜け毛を犬の頭に乗せたりして遊ぶのも一興なんですがね。
あえてちょっと、ブラッスィングするのをやめるんですね。
そんな何日も置かなくともいいんですよ。そうですね3日くらいガマンですかね。



するとこのように、毛が浮いてくるんですね。
コイツをズボッと抜くのが、この上なく、楽しい。



こう、ゆっくり、ズボッと。
ただ抜いてるだけでも楽しいのですが、芽の反応がたまらんのです。
言ってみればあれです。黒ヒゲ危機一髪です。
まだズボッと抜くには早い毛の固まりをつかんでしまうと



『やめんか』
と、鉄拳が飛んできますドキドキです。



これはどうでしょうか若干引っかかりを感じますがいけるでしょうか!? 
どうだ!? 判定は!?



セーフです! かるぅく睨まれておりますが、かろうじてセーフですドキドキ!!



小鼻の脇の脂をにゅる~っと出すのもけっこう好きです。
・・・総じて地味人間です。

| 芽日記 | 18:00 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

君に幸あれ

もし鏡が近くにあるなら、ちょいと覗いてみてください。
アナタの顔、派手顔ですか。地味顔ですか。


飼い主当然、地味顔です。凹凸があまりありません。
その上着ている服までも地味なので、存在自体すら危ういです。
地味顔コンテストは常に準優勝の自信ありです。
1位? さすがにカオナシには勝てません。


さて、飼い主にはもうどうやって見てもイケメンにしかそう
言うなれば猫界のチャン・グンソクにしか見えないベンガルですが

「ベンベンって、幸薄そーな顔してるよね」

と、ある時友人がボソッとつぶやきやがりまして。


さ、幸が薄い…ですと?
ヤキノリオではなく、サチウスオに改名しろと?
そりゃあ確かに


コイツは見るからにアフォ幸せそうな顔してるし


コイツにいたっては、身体全体がアフォ幸せそうだ。

DSC_0386-3.jpg
うーん、言われてみればなるほど、幸多そうには見えないかもしれない。
人間であれば、化粧するだとか髪型とかで少しは印象が変わるかもしれないけれど
動物だとそうはいかない。ありのままを受け入れるしかない。
サチウスオとして生きてゆかねばならない。

DSC_0387-3.jpg
なんでも、顔は精神で作られるとか。
この家に来るまでベンベンは、日々様々な苦労があったと思われ
結果、このような幸薄顔になってしまったのやもしれぬ。

DSC_0374-3.jpg
ならばこれからは日々楽しくゆっくり過ごして、幸多い顔になればいい。
ついでに飼い主の日々も7が揃いまくって派手顔になればいい、のになァ。



週末の大相撲中継に飼い主が一瞬TVに映ったと、親戚から連絡がありました。
どこにでもありそうな地味顔でも、一応判別できるレベルでホッとしました。

| ベンベン日記 | 00:09 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きちんとはかろう

自分ではこれくらいだろうと思っていたもののサイズが実は全然違っていた。
なんてこと、ありませんか。



たとえば飼い主でいうとネコの首輪なんかがそうで、
たまたま出先で寄ったペットショップでかわいい首輪を見つけると
まあだいたいこんなもんと、正確な首回りを計ってもいないのに買ってしまうわけですよ。
で、家に帰って早速餅に着けようとすると、でんでん長さがたらんじゃないかっ!首まで太いのかこのお餅がっ!
みたいな。



この間も外出中に100均ショップを見つけてふと
「ああそういえばあの棚に入る大きさのケース探してたんだった」
と、一旦家に戻ってサイズを測るのも面倒だし、だいたいの寸法わかってるからと購入し
案の定、棚に入らなかった時のあの脱力感を一体何度味わえば気が済むのでしょう。

そんなことがあったのにもかかわらず、先日寄ったホームセンターで
「ああそういえば芽ちゃんのクールマットを買おうと思ってたんだ」
と、S・M・Lの3サイズのクールマットを前に一瞬悩んだ飼い主。
値段が張るものゆえ選択を間違っちゃあいけない。
やはりここは一旦家に戻って必要な大きさを測るべきと思う反面、
芽の大きさは飼い主なのだから十分に把握している、ならばLサイズを買って帰るのみ!



・・・いわずもがな、この銀色のマットのことなんですがね。
てかこれでLサイズって本当ですか? 餅にぴったりなんですけど。



体の一部分でも乗ってくれれば買った甲斐もあったというものですが
一度も乗ってくれません。というかあえて避けるようにして寝ています。
大理石のほうが涼しいようです。 あ、言ってみたかっただけです偽物です。
ならばせめて餅が乗ってくれれば



くれれば

DSC_0357-3.jpg

くれr

DSC_0358-3.jpg

行ってしまわれました。
この暑さの中。



いまさらながら、やっぱりデカいんですね、うちの犬。
と、餅。

| 芽&海日記 | 22:54 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。