2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

落ち着く場所は



日頃から岩戸にお隠れのチャーさん。
それでも暖かくなると、ベッドの上や日差しの入る場所で日向ぼっこを楽しむ時間も増えてくる。
しかしその臆病さといったら尋常ではなく、くしゃみひとつにも飛び上がり、しばらくは近づこうとしない。
ティッシュ一枚引き抜こうとするだけで身構えるその姿を見ていると申し訳なくて、息をするのも気を遣う。
こんな性格だから心開ける相手も少なく



というか唯一の心の拠り所はこの飼い主しかおらず、父にさえ姿を見せることは稀。
同類である餅などもってのほか、餅の鈴の音がチリンと微かに鳴っただけで耳が即座に反応し、瞳孔が開き、足に力が入る。「なお~ん」と鳴いたら最後、2時間は押し入れから出てこない。


そんなチャーさんもさすがに一週間前の地震には驚いたようで、直後2階から飼い主のいる食卓へ下りてきて、しばらく飼い主のそばから離れようとしなかった。
「いいんだよ、落ち着くまでずっとそばにいなさい」


ところが残念ながらここは、最も落ち着く場所ではなかった
なぜなら見えますでしょうかこの奥↑


斜向かいになんと餅が寝ておりまして。
大きな揺れにもまったく動揺することなくいびきまでかいて寝ている餅と


そのいびきで餅の存在に気づいてしまい、逃げ場を失い動揺を隠せないチャーさん。
この後どうなったかって?
餅の寝返りと同時に猛ダッシュで岩戸にお隠れになられました。





ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   思えばこの写真がチャーにとってたぶん最初で最後の   
   
人気ブログランキングへ   他の生き物とのツーショット写真です。




万代(よろずよ)に

年は来経(きゆ)とも梅の花

絶ゆることなく

咲きわたるべし


<万葉集 筑前介佐氏子首>


☆コメ返し遅れて申し訳ありませんでした!
スポンサーサイト

| チャー日記 | 00:00 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。