2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

焼いとく?

いよいよ春本番ってとこですかね。
え? 東京では雪が降ったって?
いいんです、春は来てるんですじゃないと話が進みません。



そんな呑気なこと言っとる場合か! おまえの父ちゃん虐待しとるぞ!!



いえいえ大丈夫です。これは父の愛です。
もぐら取りに夢中になっていたらブサ顔になったので、土を落としているところです。



それにしてもこの日はとても暖かく、スぺサル散歩日和。
イヤなこともすべて忘れられるようなほっこりした日差しに包まれて、優しい風が頬に心地よい・・・
春がこんなにもすばらしい季節だと実感できるのは、かれこれ何年ぶりだろう。



飼い主をはじめ全国2000万もの人々から春を奪っているのはそう誰でもない、あの憎たらしいスギ花粉の大群です。
それまで春がくるとアハハ~ウフフ~♪ と意味もなくひとりスキップしたり踊ったりしていたのに、花粉症が発症してからというものは、毎日鼻水が垂れ放題のティッシュ詰め放題、昼間は薬のせいで眠気が襲い、夜は鼻が詰まって一向に眠れず、んもうこれは北か南へ逃げ出すか、あるいは鼻をもぎ取るしかない!! と、それはもう地獄のような日々を送っていたわけですが



「鼻の粘膜、焼いちゃえば」

残すくらいならそのお肉、焼いちゃえばくらい軽く言いのけた友人のレーザー治療体験談なるものを聞き、効果はありそうだけれど焼くってそんな体の一部を焼くだなんて理解できない意味わかんない小心者の私には無理無理無理いいの3ヶ月何もかも諦めて鼻タレオンナでいれば済む話だから



けれど今年の花粉はハンパねェって誰もがそう言って脅すので、毎年お世話になっている耳鼻科の先生に一応伺ってみたんですよ。

「先生、粘膜焼くなんてどうなんですかね、よっぽど重症じゃないとやっぱダメですよね、親からもらった大事な体に傷をつけるな焼いちゃえば?

四の五の言わずに焼いちゃえば?
ということで焼きました。正確に言えば小学生の子でも焼くんだから大丈夫だよという、あんたいい年して何怖がってんだ的な目で見られたので焼きました。
そしてこの効果が今、如実に表れているわけです。
例えるならそう


今の飼い主の鼻の穴はこんな感じです。
スッキリ感が伝わるかと思います。



芽も犬のくせに鼻があまりよくないということは以前にも書きましたが、どうも春先に特に「ぶしっぶしっ」と鼻を鳴らしている傾向がありまして。
まさか犬にも花粉症が?


『粘膜焼くなんてムリ~』

まあオマエは少しくらい鼻タレてたほうがちょうどいいか。





ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   一番痛かったのは麻酔ガーゼを鼻に詰め込まれた時です。   
     
人気ブログランキングへ   鼻の中にこれでもかってほどぎうぎうに。けっこう入るもんですね。
スポンサーサイト

| 徒然日記 | 00:00 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。