2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あなたに噛まれたい

犬の甘噛みフェチであることをカミングアウトしている飼い主ですが、猫の本気噛みフェチでもあります。



一日のほとんどを押入れの中で過ごす天照チャーですが、朝は必ず飼い主を起こしに来てくれます。
その起こし方というのが、ベッドからはみ出た足のつま先に頭突きしてくるというもの。
猫の頭突き自体は愛情表現だとかマーキングだとか甘えだとか言われているので、動物に囲まれている割にはヤツらからの愛をいまいち感じとれない飼い主にとって、これは唯一の救いと言っていいくらい嬉しい起こし方。



けれど気をつけなければならないのは、7頭突きくらいで起きないと思い切りつま先を噛んでくることでして。
自分から頭突きに来るくせに、何が気に入らないのか必ずといっていいほど7、8頭突き後、微妙な空気が流れて案の定ガブられ、不快な目覚めとなります。
けれど、なぜかやめられません。
このガブりが。
この緊張感が。
さっさと起きればいいものを、足を投げ出したまま再度その時を待ち、そして予定通りガブられ、「チャーちゃん痛いよォ」と軽く睨みながらも嬉しさを隠せません。
こんな飼い主って、Mですか。



夜は夜で、チャーによる神聖な儀式が執り行われます。
就寝前の読書を終えて電気を消してしばらくすると、岩戸から這い出ておもむろに枕元に座し、飼い主の頭をそっとフガフガし始め、頭皮に鼻を押し付けてさらにフガフガ。今度は髪をザリザリ舐め、そしてシャリシャリ食べる。そう、まるで猫草を食むように。
チャーなりの愛情表現を嬉しく感じてうつらうつらしていると突然、やっぱりガブってきます。
頭皮を。思い切り。

これは痛い。なんかもう、言い表せないくらい痛い。
けれど、なぜかやめられません。
このガブりが。
この緊張感が。
振り払えばいいものを、また次のフガフガをわくわくしながら待っています。
こんな飼い主って、変態ですか。



今夜もひとつ、よろしゅうおたの申します。





ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   餅はダメです。   
    
人気ブログランキングへ   流血します。
スポンサーサイト

| チャー日記 | 00:17 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。