2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ノルウェーのマリ

先日、出先から家に戻ると、玄関に見覚えのない靴が置かれているのが目に入った。しかも女物の。

我が家は昔からあまりお客さんの来るような家ではなかったので、小さい頃は誰かが来ているのがわかると
「この方が今日からあなたの家庭教師をしてくださるのよ」とか
「今日からあなたのお世話をしてくれるお手伝いさんよ」とか
「実はこの人があなたの本当のパパなのよ」とか
瞬時に勝手な妄想が膨らみ、期待を胸にそっとドアを開けるのだが



「ほら、保険屋さんに挨拶なさい」とか
「あら、大きくなったわねェ」とか
「洗濯機、ついに壊れたのよ」とか
やはりたいした客が来るような家柄ではないのだと、改めて知る日々を送っていた。


さて、その見たことのないピンク色のスニーカーを目にし、友人が遊びにくる予定などなかったはずだがと、乱れた髪を整えながらドアを開けるとそこには



金髪の美女とオッサンがいた。
なんでぇぇぇえ??

「ちょうどよかった、マリにジュース出してやってくれ」
「オジャマシテマース」

この狭い家のどこにしまってあったのか、机の上に置いた大きな地球儀を前に、二人は電子辞書を覗き込みながら仲良く談笑している。

ジュースはいいが、ちょっと待て。どういうことでこうなったのか、娘に簡潔に説明してくれないかと聞いたところ、父がそこそこ緑地を芽と散歩中にマリちゃんと出会ってそのまま家に連れてきたってねえちょっといいかな簡潔だけどこれって軽く犯罪じゃないのかな誘拐だよね拉致と言ってもいいし監禁でもあるよねって何してるんだよオッサン!!

マリちゃんはノルウェーから名古屋の大学へ留学生として来日しており、そこそこ緑地をジョギングするのを日課としているため、当然、普段から緑地をウロウロしている父とも何度かすれ違っていたらしい。
で、かわいいコだったので声をかけたということか。しかも大胆にも家に呼び寄せるとは。
よくこんな怪しげなオッサンについてきましたねと聞くと



「メイチャン、オオキクテ、カワイイカラ」
母国ノルウェーではハスキー犬が多く飼われていることもあり、マリちゃんはオッサンというより芽についてきたということらしい。
どっちにしろ、よくついてきたものだ。

「で、明日日本語の試験があるっていうからよ、オレが教えてやることになってな」

、じゃないと思うのだけれど。英語のみならず、日本語すら危うくなっているというのに。
それでもマリちゃんは終始楽しそうにオッサンからのテキトー日本語講座を受け、小倉サンドを食するのには激しく抵抗しつつも、帰り際には互いのメルアドまで交換し、次に日本に来る時のホームステイ先のホストに我が家がなることまで約束していた。


芽『あたしが取り持った縁、大事にしてよね~』





ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   試験に出そうな漢字の問題を出してというので       
    
人気ブログランキングへ   「相撲」という字を教えてあげました。  

☆長らく閉じておりましたコメ欄、開けてもいいですか?
スポンサーサイト

| 父&芽日記 | 17:00 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。