2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢にときめけ!明日にきらめけ!


今年も連日熱戦が繰り広げられている甲子園。いよいよ明日は決勝戦。 中京ガンバレ!
昔から高校野球が好きで、この時期は「熱闘甲子園」を一日の終わりに観るのが日課でもある。
一戦一戦に、ドラマがある。 最後の最後まで諦めない姿に、心を打たれる。
勝負がついた瞬間、天を仰ぎ見る選手や立ち上がれない選手、精一杯やったと晴れ晴れとした顔でベンチに戻る選手、泣き崩れる選手を笑顔で慰める選手、相手チームと握手をし、抱き合って健闘をたたえる姿。全てが、清々しい。
自由な時間も注ぎ込み、選手たちは昼夜もなく相当な練習を積んできているのであろう。それも全て、甲子園という夢の舞台に立つため。


そんな汗にまみれて輝いている高校球児をテレビを通して見ていると、改めて今の自分が恥ずかしくてならない。
自分は夢を叶えるために、努力してきたんだろうか。そもそも夢なんて、あったんだろうか。
三十路をとっくに過ぎ、何も成し遂げることなく、なんとなく流されてここまで生きてきた自分、というか周囲に生かされてきた自分を、情けなくも思う。


「オマエだって夢、叶えたじゃねえか」と父。
「え?私の夢?」
「動物にたくさん囲まれてよ」

ああそうか、そういえば小学生の頃は動物園の飼育員になりたかったんだっけ。
その夢は叶わねど、今こうして好きな動物たちと暮らしt…


「んで、動物たちとダラダラして一生暮らしたいって言ってたもんな。よかったなァ、夢、叶って」


…この渦に身を任せ、いっそどこか遠くへ流されたいです、私。





ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   その言葉に父は、娘は大物になるかアフォかどちらかだと思ったそうで。    
   
ブログランキングへ"  後者で、ゴメン。      
スポンサーサイト

| 徒然日記 | 22:27 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。