2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アカレンジャー芽

長く続いた名古屋地方の梅雨も、本日やっと明けたようですが



コイツの鼻の下は、まだ赤いまんま。



それにしても、蚊に刺されたにしては治りが遅すぎるのではないか。
ハチやマムシに刺されたとしても、3~4日で治るとものの本には記してあったので、こりゃいかんなァと思い、改めて芽の顔を観察してみると



なんじゃこりゃああ!

鼻の下の間が赤くなっとるではないか! 確か普段は黒かったはず…。
さらにくまなく観察してみると



なんじゃごりゃああ!

足裏の毛がピンク色に染まっとるではないか!
父に聞くと
「少し前にヤマモモの実がたくさん落ちているところを歩いてたから、それが染まったんじゃないか?」
ふーん…

山桃に 赤く染まりて 夏来たる

って、一句詠んでる場合か!



とっとと病院行くでぇぇえ!




またエリザベっちゃうんじゃないかと若干抵抗気味の芽とにらめっこする先生、判断にかなり悩んでいらっさった。
アレルギー症状かもしれないし、単に傷を負って舐めてばかりいるので治りが遅いか。結局、まだこの状態では多くの原因が考えられ判断がつかないので、とりあえず抗生剤を一週間飲ませて様子を見ることとなった。

毛が染まっている原因は、水に濡れたまま放置していた等、蒸れた状態が続くと変色する場合があるという。舐めすぎによっても唾液で染まるそうだ。先生曰く、
「ジメジメした時期が長く続いていたからだと思うけど、特にその点には注意してね。あと…



毛、カットしたほうがいいね

すみません、一度もハサミ入れたことありません。
ボーボーのほうがワイルドでオットコマエだしィ、なんて、言い訳です。ゴメンナサイ。



しかし最近、立て続けに芽に災難が降りかかってるような。
「試練はそれを乗り越えられる者にしか訪れない!」 by 川藤幸一(@ルーキーズ)←ハマりにハマっている飼い主。

乗り越えてこその、オットコマエ。





ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   父「先生、ヤマモモを踏んづけてそれで染まったんj…」    
   
ブログランキングへ"  先生「違いますから。とにかく毛、カット。ね」
      
スポンサーサイト

| 芽日記 | 23:23 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カットで葛藤

芽の足の裏毛が赤く染まっていたのは蒸れが原因と言われ、足裏カットに初挑戦した飼い主。


本当はもっと中の方までカットしたいのだが、肉球に触れることを断固許さない芽。
寝込みを狙い、そぉ~っとしかハサミを入れることができないので、これが限界。悪戦苦闘の末、残り2本となったが、すでにふたりの間に信頼という言葉は残っていない。
仕方ない。かくなる上は、ゴッドハンドに頼るしかない。飼い主より圧倒的支持を得ているのだからと、「肉球切っても知らんぞ」と逃がれようとする父を無理矢理つかまえ、もちろん流血するようなことがあればただじゃ済まないと脅した上で、バトンタッチ。


「さー、芽ちゃん、おとなしくしてるんだよ」と優しく声を掛けるも、芽の表情は固まったまま。


『いやーん』
と、必死に抵抗。ったくそんな姿もカワエエなぁ、ちくしょう。


「ほら、じっとしてろ。ちょっとでも血ィ見たらエラいことになるぞ、オマエも、オレも」
娘の厳しい監視の下、若干緊張気味の父。 手も震えている。ってそれは年のせい。ってウソだけど。 


『ねぇパパさん、お願いだからやめてよぉ』
飼い主には躊躇することもなくガブガブ噛み付いてくるというのに、父にはこの態度。


だが容赦しない父。
「暑いんだから早く済ませたいんだよオレは!黙って寝てろ!」
『ひっ』
注)虐待画像ではありません。


『いやーん!』
それでも父親をこよなく愛す芽、歯を立てることを必死に我慢し


己の足を噛む。
なんと意地らしいことか! 芽の心中の葛藤はいかばかりか。


と、思ったのも束の間


やはり野生の本能を抑えることはできなかったようで。



「あだだだだーっ!」




ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   その後も芽の反撃は続き、続行不可能に。
          
ブログランキングへ"  立ち去るゴッドハンドの背中は、心なしか寂しそうだったという…              
      

| 父&芽日記 | 23:08 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海が好き!<前編>

この夏は芽とネイチャー&泳げる犬にするぞ宣言をした飼い主は週末、海へ車を走らせた。


場所は父のリクエストで、静岡県は浜松市へ。


浜松といえば、一般市民がまず思いつくのはうなぎパイ。
味も知り尽くして散々食べているというのに、なぜかつい買ってしまう魅惑の夜のお菓子。


しかしハス飼いの方々は、真っ先に「みかん」が思い浮かぶのではないか。



そう、言わずと知れた、おみかんズ!!


ワンズ同士で絡み合っているうちに、泳げるようになるんじゃないかという父の作戦に一役買ってもらえないかと、お盆だし忙しいんじゃないかと思いつつ、ダメモトでラブコール。
天気は良くなかったのだが、快くみかんファミリーが一緒に遊んでくれることとなった。


人影もまばらな荒波立つ海へ、さあ行け芽よ! 思い切り海水飲んでこい!


入水直後、波の高さに怯える芽。


余裕の表情のおみかんズ。


さっさと引きかえす気満々の芽。


呆れるおみかんズ。


気を取り直して、愛しの父と沖までも行ってこーい!


父なんかより、浜辺が恋しい芽。


波と戯れるアラニちゃんのような姿を撮りたいのに


こんな哀れな姿しか撮れない。


果たして芽は泳げる犬になるのか!?

…まあご想像のとおりですが、以下、次号。




ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   サーファーが波に乗る姿を見たいんだと太平洋を選んだ父。    
   
ブログランキングへ"  まず、天候を選んだほうが良かったよね。    
      

| 芽日記 | 20:34 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海が嫌い!<後編>


荒れ狂う大海原を前に、ヘタレ芽は汚名返上となるのか。


おみかんズが見守る中


そしてふたりは再び、海へ。


(主に父が)何度も何度もチャレンジするも


浜へ~


浜へと、戻るばかり。


「せっかくはるばる来たんだからよぉ」と励ますも


まったく応じることはなく。


カモメは悠々と空高く飛んでいるというのに


おみかんズは平気な顔して波を相手に遊んでいるというのに


浜を目指して必死の形相で走り回る、場違いな姿。


挙句の果てに座り込み


もうてこでも動かない。


一体何しにここへ来たと思ってるんだオマエは。日焼けでもしに来たというのか。アラニちゃんに不満をぶつけるなんて、もってのほかだ。 これは飼い主の不徳の致すところ。申し訳ありません。
なにも飼い主はこの荒波を攻略せよなどと、スパルタンなことなど要求していない。おみかんズと戯れているうちに「あれ?犬かきできてるよ!」てなことになればラッキー、くらいにしか思ってはいなかったのに。


情報によると、泳げるワンズと一緒に泳がせてみるというのはどうやら、最後の手のようで。
この夏から始まった特訓は、初日にいきなり最終手段を使ってしまい、もう成す術もない。
あとはもうパルプンテ(@ドラクエ)でも唱えて奇跡を願うよりほか、ないのかもしれない。


私信:みかんファミリーのみなさま
このたびは大変お世話になり、ありがとうございました。
また遊んでいただければ、これ幸いでございます。



ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   そろそろオットコマエの名も        
   
ブログランキングへ"  返上したほうがいいのかもしれない。  

| 芽日記 | 00:20 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

残暑お見舞い

DSC_0068-1.jpg

ナツいアツ、皆さまいかがお盆をお過ごしでしょうか。



飼い主は最近怖いくらいに絶好調なので、毎日せっせと極楽施設に通い詰めです。



こんなことは滅多にないので、温かい目で見守ってやってください。



どうか明日も、レインボーに光り輝きますように。




ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   でも最終日って、いい思いしないんだよなァ。        
   
ブログランキングへ"  わかってるんだけどなァ。アフォだなァ、ワシ。      
      

☆盆休み中なので、コメ欄は閉じさせていただきますよ。

| 徒然日記 | 20:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

心のこり


わたしバカよね~


おバカさんよね~


うしろゆ~び うしろゆ~び


さされぇてもぉ~


あなたひとり(←ケンシロウ)にぃ~ いのちをかけてぇ~


耐えてきたのよ かかるまでぇ~


秋風が吹く 財布の中の


金が出てゆくよぉぉ~(号泣)


私もう旅に出るわ~


あてもないままにぃぃぃ~(再び号泣) 


=原曲を聞きたくなった方はコチラをどうぞ(←音出ます)=




ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。

FC2 ブログランキングへ   どうか探さないでください。         
   
ブログランキングへ"  正真正銘、アフォですから、ワシ。      
      

☆盆明けなので、コメ欄は閉じさせていただきますよ。

| 徒然日記 | 23:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

救世主現る

突然ですがこの季節、皆さまはどんなフルーツを食後なんぞに召し上がっていらっさるでしょうか。
モモ、スイカ、ナシ、マンゴー、メロン…そうですか、いいですね、色々召し上がれて。
我が家は毎日、ブドウ食ってます。てかブドウしか、食っていません。


くる日もくる日も、デラウメェヤ。今年も収穫の時期を迎えてしまいました。
毎朝、父が庭から笑顔とともに両手いっぱいにもぎ取って、食卓に並べてくれます。
時にはアリも一緒に運ばれて。おかげで朝からテンションさがりっぱなしです。
今年こそ異常気象かなんかの影響で、びっくりするような出来になってたりせんだろうか、
という娘の淡い期待も虚しく、今年も酸味だけが口中に広がるブドウを、まるで梅干しでも食べてるかのような顔して黙々と食っています。


あぁ、あと何日間ブドウ食べてスッパマンな日々が続くのか。
スーパーに買い物に行っては美味しそうなデラウェアや巨峰を目にし、思わず手が出そうになるも父の笑顔が邪魔をして、結局カゴに入れることができない心優しき娘
を誰か助けてぇぇ~!


そこへ現れたのが、なんと我らが芽。



いくら父への愛が強くとも、強烈な酸味には耐え切れないだろうと思って見ていると


やはり犬でもスッパマンになるらしい。


それでも父の愛情たっぷりブドウを残すことはできぬと


完食。


終始こんな顔して。
よくやった、明日も頼むぞ、救世主スッパマン。





ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   スッパマンになりたい方、クールで送ります、デラウメェヤ。    
   
ブログランキングへ"  あ、着払いですけど。   

| 芽日記 | 20:01 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

駄々っ子


そんなとこで何をしているオマエは。


まるで「おもちゃ買っておもちゃ買ってお~も~ちゃ~」と駄々をこねる子供のように。


このクソ暑い最中に散歩する側にも問題はあるのだが。


「買ってくれるまで動かないんだ~」なんて顔してるけど。


なにか?悶絶するほど魅惑的なのか?


モスのバーガーのカホリが。





ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   たまにライスバーガーとか無性に食べたくなるけれど    
   
ブログランキングへ"  結局マックに吸い寄せられるのはなぜなんだろう。
      

☆甲子園、東海勢が頑張ってるんで、コメ欄は閉じさせていただきますよ。

| 芽日記 | 23:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢にときめけ!明日にきらめけ!


今年も連日熱戦が繰り広げられている甲子園。いよいよ明日は決勝戦。 中京ガンバレ!
昔から高校野球が好きで、この時期は「熱闘甲子園」を一日の終わりに観るのが日課でもある。
一戦一戦に、ドラマがある。 最後の最後まで諦めない姿に、心を打たれる。
勝負がついた瞬間、天を仰ぎ見る選手や立ち上がれない選手、精一杯やったと晴れ晴れとした顔でベンチに戻る選手、泣き崩れる選手を笑顔で慰める選手、相手チームと握手をし、抱き合って健闘をたたえる姿。全てが、清々しい。
自由な時間も注ぎ込み、選手たちは昼夜もなく相当な練習を積んできているのであろう。それも全て、甲子園という夢の舞台に立つため。


そんな汗にまみれて輝いている高校球児をテレビを通して見ていると、改めて今の自分が恥ずかしくてならない。
自分は夢を叶えるために、努力してきたんだろうか。そもそも夢なんて、あったんだろうか。
三十路をとっくに過ぎ、何も成し遂げることなく、なんとなく流されてここまで生きてきた自分、というか周囲に生かされてきた自分を、情けなくも思う。


「オマエだって夢、叶えたじゃねえか」と父。
「え?私の夢?」
「動物にたくさん囲まれてよ」

ああそうか、そういえば小学生の頃は動物園の飼育員になりたかったんだっけ。
その夢は叶わねど、今こうして好きな動物たちと暮らしt…


「んで、動物たちとダラダラして一生暮らしたいって言ってたもんな。よかったなァ、夢、叶って」


…この渦に身を任せ、いっそどこか遠くへ流されたいです、私。





ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   その言葉に父は、娘は大物になるかアフォかどちらかだと思ったそうで。    
   
ブログランキングへ"  後者で、ゴメン。      

| 徒然日記 | 22:27 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メイ・ラヴ・ウォラ!


球児たちの熱い夏も終わり、と同時に秋の気配を感じるようになった名古屋地方。


とはいえ日中はまだまだ30度を超え、かき氷が喉に嬉しい暑さが続いている。
このどぎつい着色料の赤がまた、夏を演出していてニクい。


この時期、ワンズの水分補給には十分気を使わなければならない。
芽は基本アフォ犬だが、初めて来た場所でも給水ポイントを決して逃さない。蛇口という物を、水が出るものと認識しているのか。それとも水の匂いってものを嗅ぎ分けているのか。というかワンズなら普通なのか。芽はやはり取り得がないのか。


この時も、絶好の給水ポイントを真っ先に見つけたのは芽だ。


ちょっと給水の仕方が


大胆というか


豪快というか


アフォというか


まつがっとるんだけれど。


こんなに水が好きなのに


所変わると


やっぱりてこでも動かな犬





ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   もう夏も終わろうとしているのに。    
   
ブログランキングへ"  終わろうとしているのに。(←強調)  
      

| 芽日記 | 22:57 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

100円に泣いた夏


さて、ここ数日の記事のロケ地は一体どこだったのか。 興味ない方スルーしてください。
4年前の半年間は連日人であふれかえっていたなんて、信じられないくらい閑散としてますがココ。


森の精と呼ばれる森林爺さんと、その孫っぽいおチビが住む公園
皆さま、覚えていらっさいますでしょうか。 ご存知ない方スルーしてください。
総入場者数は2千万人ともいわれたけれど、東海圏だけが盛り上がっていたような。
飼い主は会場にも近いということもあって期間中3度ほど足を運び、すべてのパビリオンを見て回ったのだが、ただひとつ、どうしても行けなかった場所があった。


それがこの家ジブリだァ?って方本気でスルーしてください。
ただの30年代の家なのに異常なまでの盛況ぶりで、ハガキによる抽選という方法でしか入場できず、くじ運の悪い飼い主は何度応募しても当たることはなく、入ることは叶わなかったこの家。


盆休みに魚の女の子の話のDVDを観ていた折、ふとこの家を思い出し、今ならいつでも入れるんじゃないかと、実はこれが目的で、ヒマしてるおっさんと犬をお供に遠足がてらやってきたのであった。
ペットは不可だろうと思ってはいたので、父と芽をここで待たせ、まっくろくろすけの証拠写真でも撮ってくるかと受付へと向かった飼い主。
それなのになぜ、こんな遠くからの写真しかないのかというと。


あの家に入るためのお金を、親子揃って持ち合わせていなかったもんで。
いえ、かき氷を買うお金はあったんです。ただかき氷を買ったら、400円しか財布に残っていなかったんです。入場料、500円だったんです。


んもう、ガックシ。


クソ暑い中、ガックシ。





ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   入れたとしても、まっくろくろすけは撮れませんでしたけど。    
   
ブログランキングへ"  屋内撮影禁止だったようなので。 あ、そもそもいないの?  
      

| 徒然日記 | 22:39 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

忠犬芽公


先日のこと。散歩中、芽のユルユルと踊るように揺れる尻尾を見ながらふと思った。
「コイツは私のことをどう思っているのだろう」
と、まるで付き合い始めて3ヶ月、いまだ微妙な距離感を保つ彼氏の背中を見て、なぜ手さえ握ってくれないのと、思わずため息が出てしまうかのように。芽とはもう4年だけれど。芽はオンナだけれど。


以前、犬は散歩中に突然飼い主が倒れたり連れ去られたりした場合、どういう行動をとるのかという『愛犬との絆を確かめる実験』みたいなのをTVでやっていた。
芽との絆
意味もなく不安がよぎる。果たして芽と飼い主との間に、確かなものってあるのだろうか。
言葉は通じないが、今だってリードを通して芽が何を考えているのかくらい、わかる。
「尻尾が垂れ下がってきたからそろそろ折り返し地点だな」
とか
「肛門様が開いてきたからそろそろ雲子だな」
とか。

…やっぱり不安だ。

ええい! 実証、あるのみ!


そこで飼い主は周囲に誰もいないことを確認し、おもむろにぶっ倒れた。
さて芽は一体どんな行動を取るのか。
顔を手で覆うようにうつぶせになり、薄目を開けて芽の様子を見ると。


『何してんの?』とチラ見しただけで、体は進行方向を向いたまま、飼い主の身に起こったことなど気にも留めていない。
まあ芽にとっては初めてのこと。何が起こったのかわからず、少し変な体勢で休憩しているのだと思っているに違いない。
もちろんここで諦める飼い主ではない。さらにじっと、その時を待つ。芽が駆け寄って『どったの?だいじょぶ?』と、ベロンベロンしてくれるのをただひたすらに。


されど、待てども待てども、一向に飼い主の方へ寄ってくる気配はない。若干歩き始めてさえいる。ヤバい、このままでは飼い主、ただの筋トレ用古タイヤにすぎぬではないか。
そこで飼い主は、昭和の大女優も顔負けの、迫真せまる演技で助けを求めた。
「うぅ、芽ちゃん…、む、胸がく、くるじいぃぃ…」


次の瞬間、振り返り、一目散に駆け寄る忠犬の姿が!!
「ヘィ!ハーチィ!」


なんてことあるわけもなく。一向に振り向かない冷めた犬がそこに。
一体アタシは何してるんだろう。
三十路越え汗だくスッピンで、テロテロTシャツのヨレヨレジーンズで炎天下の中、まるで行き倒れ。





ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ   あと10秒待てば、助けに近寄ってきてくれたのかもしれないけど    
   
ブログランキングへ"  あと10秒待ってたら、意識なくなってたかもしれません。熱中症で。
 

| 芽日記 | 21:55 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。