2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏の風物詩

7月も終わりに近づいているというのに、梅雨真っ盛りな名古屋地方。
それでも晴れ間にはセミの声が降り注ぎ、朝顔は咲き乱れ、飼い主は蚊に刺され、夏を体感している。



意外とデリケートな肌の持ち主である飼い主はこの季節、ダメージを受けやすい。特に虫に刺された跡なんかは、なかなかきれいに戻らない。 年のせいとか言うな!
蚊にもよく刺されるタイプで、敏感に反応してすぐに赤く腫れ上がってしまう。

「人は誰でも平等に夢をもつ才能が備わっている」 by川藤幸一(@ルーキーズ)
という言葉同様、人は誰でも平等に蚊に刺されるものだと思っていたのだが、案外そうでもないらしい。一説によればO型の血液物質は花の蜜と非常に近いため、刺されやすいという。



飼い主、幼少の頃から昆虫好きということもあり、どんな小さな虫であろうと殺生することが苦手である。
蚊ももちろん例外ではなく、自分の腕を今まさに刺さんとする蚊を偶然見つけても、バシィッ! と叩き潰すことはしない。息で吹いて飛ばすか、むしろそのまま己の血で腹がどんどん膨れていくのをじっと眺めていることのほうが多い。



この蚊による吸血行為が、実はメスが卵巣を発達させて卵を産むためであるということを知ってからは余計殺せなくなった。気づかれたら最後、平手打ちで瞬殺される身、いわば決死の覚悟で吸いにきているわけだから、多少の血くらいくれてやってもいいかと思うようになってしまった。 血の気多そうだしねぇ、とか言うな!


なお、伝染病の危険性もあるので、くれぐれも良い子はマネしないように。
オマエもだよ? 月いちの薬は欠かさず飲ませてるからいいとは思うけd…




えーっ! ど真ん中、刺されてるやん!
しかもこれ、蚊!? 病院行ったほうが、いいですか??





ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけるとうれしいです。


FC2 ブログランキングへ  湿気との戦いにも力尽き、バッサリ髪を切りました。  
         
にほんぶろぐ村 ブログランキングへ  さらに爆裂して、結局戦ってます、毎朝。    
スポンサーサイト

| 芽日記 | 21:34 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。