2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平和な光景


この間から忙しく作業している父。長年風雨にさらされ続け、腐りかけてきた縁台の修理をしている。
「わー、お父さんって畑仕事もすればワンズ手なずけるのも得意だし、そのうえ日曜大工もできるなんて便利ねー、うちにも欲しいわー」
なんてそれは大間違い。
なぜなら父は、自他共に認める究極の大雑把人間だから。
畑仕事といっても、当人は草花の延長のように考えている。種を植えて水さえ撒いておけばいいと思い、肥料なんて気が向いた時にしかやらない。雑草だって抜かないし、間引きももったいないからしないという。なのにちゃんと育ち、しかもなかなか美味いとくるから何も言えないのだが。

そしてこの日曜大工。曲がった釘をそのまま打つ人間に、金槌を持つ資格などないと思う。少々ぐらついていようと、斜めになっていようと、役目さえ果たせば文句あるまいと、さくらさんアクアママの旦那さまが聞いたら呆れかえるに違いない、トンチンカン野郎である。
なのでこの縁台にしても、利用する者としてはできれば多少値段が張っても既製のものを購入して欲しいと切に願っているのだが、
「オレが作れば半額以下だぞ!?その分ケーキ買えるだろが」と、なぜか上手く説得させられてしまう。

CSC_5688-1.jpg
近く雨も降りそうだということで、急ピッチで作業を進めている父のそばには、コイツ。

CSC_5691-1.jpg
今日の気分は「とってこーい遊び」のようだ。父に甘える姿は、憎たらしいけどやはりかわいい。
こういう光景って、なんだか平和でいいなと思う。

CSC_5694-1.jpg
芽には優しい父、忙しくとも相手をしてやっている。できるだけ遠くへ投げて、その間に作業、の繰り返し。

CSC_5696-1.jpg
先ほどから投球数はゆうに20球を越え、さすがに父も尻を向け、何度か無視するようになってきた。

CSC_5698-1.jpg
『ねぇねぇ、投げてよ』
芽はよく尻を突く。要求の有無にかかわらず、尻を見つけると突きたくなる衝動に駆られるというヘンな癖を持っている。
これがストライクな時もあって、不意打ちの直撃は思わず飛び上がるほどだ。

CSC_5700-1.jpg
この時も何度か突かれ、「わかったわかった!」と再び相手をしていたものの、一向に作業がはかどらないため、父はこの後、思わぬ行動をとったのである。


CSC_5891-1.jpg
「芽、いくぞ!」
『え~?』

CSC_5892-1.jpg

「プゥ~」

『くっさ~!』


…平和な気分を通り越して、大きな悲壮感に包まれる娘であった。





ランキングに参加しています。
↓芽のアハ顔をポチっとお願いします。

どうですか? 一家にひとり、このオッサン。

今ならアフォ犬もおつけしますけど?
スポンサーサイト

| 父&芽日記 | 23:21 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。